ふくい総合法律事務所 所長ブログ

このブログは、福井県福井市にある法律事務所の所長弁護士である小前田が日々の業務や勉強の中で得た知識や経験をシェアするためのものです。

事務所経営

法律事務所の分野特化型サイトが増えている理由

弁護士ドットコムのニュースを見ていると、法律事務所の分野特化型サイトが急増しているようです。弁護士ドットコムが調査しているのは、分野特化型サイトのうち「離婚」「相続」「交通事故」「労働」「刑事」5分野のサイト数とのこと。これが、全国の法律事…

法律事務所は交通事故分野以外の分野の開拓が急務だと思っています

www.nippon.com 交通事故が減っているというニュースです。 コロナの影響もあると思いますが、記事にもあるとおり、車の安全装備の向上や、衝突軽減ブレーキ予防安全技術が進化のため、交通事故が減っていくという流れは今後も続いていくと思います。この流…

2021年度 今年やること

あけましておめでとうございます。年末年始も明け、今日から事務所も仕事初めです。 年末年始で、『今年、自分が弁護士として、かつ、経営者としてやるべきことはなにか?」ということを考えていました。 いろいろ自問自答した結果として、 今年、注力してや…

受任力UP研修を実施しました

昨日、事務所で、離婚分野の受任力UP研修に参加しました。 とある県で離婚分野の受任率や顧客の満足度が非常に高い弁護士の先生から、ZOOMにて、初回相談のコツ、初回相談のロープレを行う等の研修をしていただきました。 うちの事務所からは、私を含めて2名…

データ分析が経営においては重要に

先日は、私が所属している福井YEGでEBILABの小田島社長の講演を聞かせていただきました。 ebilab.jp 非常に興味深い講演でした。 昨今デジタルトランスフォーメーション(DX)が大事といろんなところで言われていますが、中小企業こそDXが大事ということがよ…

自分の得意分野を業界で絞り込むのはありだと思います。

www.bengo4.com 弁護士ドットコムの記事を見ていたら、ファッションローを切り拓いている海老澤先生の話が面白いなと思いました。 いつもこのブログでは、ランチェスター経営のことを書いていますが、大事なのはなんでもやるのではなく、やることを絞り込む…

顧客や分野の絞り込みが大事

最近、ランチェスター経営の本を読んで、ランチェスター経営について考える機会が多いです。 その中で述べられていることとしては、全ての仕事を取りに行くのではなく、絞り込みをしていくことが大事ということ。 弁護士の仕事の場合、まずは顧客を、個人か…

大事なことは何度でも聞くことで染み付く

先週金曜は、とある経営者勉強会へ。 その勉強会では、福井でも非常に成功している経営者の話を毎回聞かせてもらうのですが、 たとえ話や具体例は違うものの、コアとなるメッセージや主張、原則はそれほど多いわけではなく、基本的には同じような話を何回も…

業務分野・顧客はできるだけ絞り込んだほうがよい

私は、中小企業における経営戦略に関しては、ランチェスター経営(戦略)が正しいと考えています。そのため取り扱う業務分野や顧客は広げていくのではなく、出来る限り絞っていくべきだと思います。 ランチェスター経営について書いた以前の記事になります。…

法律事務所経営では受任率が一番大事

www.komaeda-blog.com 以前こんな記事を書きましたが、最近思うのが、事務所経営をしていくためには、 受任率が一番大事ということ。 ■受任率の重要性 平均単価を同じと仮定した場合、 受任率が20%から30%に上がると、売上が1.5倍になり、 受任率が20%か…

弁護士の営業方法(コツコツとコンテンツを作ること)

弁護士の営業活動として、昔から言われているのが、ゴルフや飲み会に行くことと言われています。 個人的には、ゴルフや飲み会に積極的に行ってみた時期もあるのですが、ほとんどこれで営業が上手くいった実感はないです。これは自分の性格も大いに関係ありま…

組織型事務所を目指して事務所経営をスタートさせ(第2創業期)、現在までのことをHP記事にしました。

弁護士採用HPに、事務所開設から10年を振り返ってということで、私が組織型事務所を目指して事務所経営をスタートさせ(第2創業期)、現在までのことをまとめて書いてみました。 その1 https://komaeda-recruit.com/%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e3%81%ae%e3…

朝礼・クレドの実践について

これまで、うちの事務所では、個人事務所を脱却し、事務所を組織化するためのマネジメントに関する施策を多く採っています。 その中で役に立った本を紹介していきます。 マネジメントについていろいろ調べていたときに、人に勧められて読んだのが、神田昌典…

No.1になれるところで戦う

今日は、本の紹介です。 新版 小さな会社★儲けのルール 作者:竹田 陽一,栢野 克己 発売日: 2017/11/22 メディア: Audible版 ランチェスター経営を学ぶのであれば、すごくよい本だと思います。 本は何回か読んでいますが、Audible版も買ってみたので、それを…

私が個人事務所でやっていた時代(第1創業期)のことをHP記事にしました

弁護士採用HPに、事務所開設から10年を振り返ってということで、私が個人事務所でやっていた時代(第1創業期)のことを書いてみました。 https://komaeda-recruit.com/%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%86%e3%81%bf/post-898/ 以前の記…

自分が事務所開設するまでのことをHP記事にしました

弁護士採用HPに、事務所開設から10年を振り返ってということで、自分が事務所開設するのことを書いてみました。 https://komaeda-recruit.com/%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%86%e3%81%bf/post-826/ 目的としては、修習生に自分の事務…

一般民事系の法律事務所の生産性を測る数字②

www.komaeda-blog.com 以前に、こんな記事を書きました。今日は、その話の続きです。 事務所経営においては、自分たちがやっている業務や仕事が、結果に結びついているかということを確認する必要があります。 この結果がよくなければ何かを変えていく必要が…

社会人基礎力は人材育成や採用に使える

経産省が定義した「社会人基礎力」 www.meti.go.jp 昨日たまたま受けたセミナーでは、東京の超大手法律事務所も社会人基礎力を使って人材育成をしているとのことでした。 「社会人基礎力」とは、 『「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」…

一般民事系の法律事務所の生産性を測る数字①

10年くらい法律事務所を経営していると、 うちのようないわゆる一般民事系の法律事務所の生産性を測る数字としては下記のような数字が大事だと考えています。 ①問い合わせ数 →事務所に電話やメールで問い合わせがあった件数 ②相談件数(相談率) →①のうち、…

報酬の分配には寛容になることが大事

最近読んだ本です。 弁護士になった「その先」のこと。 作者:中村 直人,山田 和彦 発売日: 2020/07/24 メディア: 単行本 企業法務では、大変著名な先生の本です。 参考になることが多く、 隙間時間にちょこちょこ読んでいました。 Amazonの紹介文によると、 …

経営は、捨てる、やめる、減らすからスタートすべき

うちの事務所は、昨日までが夏休みで、今日から仕事初めです。 そんなわけで、いろいろ仕事が溜まっているので、今日のブログは短めに。 さすがにこのコロナ禍で外出はほとんどできずで、 夏休みの間は、本を読んだり、youtubeを見たりしていました。 その中…

弁護士の労働時間は減らすことはできるか

news.yahoo.co.jp ちょっと前の記事ですが、今日の朝、youtubeで紹介されていた記事になります。 すごく面白いなと思ったのは、 現代のホワイトワーカーにとっては一日8時間労働でも長すぎるという点。 それは、「それは、機械化やIT化、通信インフラの発達…

法律事務所経営者はプレイングマネージャーにならざるを得ない

www.bengo4.com 最近、興味深く読ませていただいた弁護士の北周士先生の記事になります。 印象に残ったのは、 『法律事務所の経営の難しいところは、トップの弁護士が実際に働いているという背中を見せないと、人はついてこないところだと思います。 経営者…

経営においてはゼロベース思考が大事

先週金曜日はとある経営者の勉強会へ。 そこでの印象的であったこととしては、経営においてはなによりもゼロベースで思考することが大事ということです。 つまり、「もう一度事業をゼロからやるのであれば、今の事業をやるかどうか?」 ということを考えなけ…

事業の選択と集中が大事

昨日はZOOMでとある経営者勉強会に。 いろいろ講師から話を聞く中ででも大事だと思ったのは、経営をするにあたっては、事業の選択と集中が大事という話。 今のコロナ禍の状況からすると、事業の多角化をして、一つの事業がたとえ駄目になっても、他の事業で…

事務所経営では売上よりも利益が大事

今日は、「法律事務所経営では売上よりも利益が大事」という話を書きます。当たり前すぎる話ですが、自分に対する戒めも込めてということになります。 法律事務所の経営においては、基本的には何かを仕入れて、売るということはないので、 ・売上=粗利 が成…

嫌な仕事を断る自由を得るためには、安定した事務所経営が必要

1.嫌な仕事を断ることの重要性 弁護士の仕事のストレスを溜めないためには、自分が引き受けたくない仕事や嫌な仕事を断れるようになることが大事だと思います。 嫌な仕事とは、例えば自分の場合だと、処理方針が自分と全く合致しない依頼者や、非常に不誠実…

差別化戦略【アウトソーシングでなく、自前でやるということ】

昨日は、毎月参加しているとある経営者勉強会に。 講師の話で、特に印象に残った点をひとつだけ紹介します。 それは、自身の事業における業務については、原則、アウトソーシングをするのではなく、自前(自社)でやるべきということ。 その理由としては、以…

新しいツールを使うと新しい発想が出てくる

最近は、家にいることも多く、本を読む時間も出来てきたので、最近読んだ本の紹介なども、このブログでさせていただけたらと思います。 マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤 作者:神田 昌典 発売日: 2020/04/09 メディア: 単行本(ソ…

生産性向上とは何かをやめること

最近、コロナショックの影響と思われますが、うちの事務所にも労働事件の相談が増えてきました。 あまり労働事件に関してはうちの事務所では情報発信していないのに、労働事件の相談がそれなりにくるということは、今回の騒動で労働問題が増加しているのかと…